2018年

《弊社共催》「自分らしいエンディングを考えよう! MYTOWN現地見学セミナーバスツアー」を開催しました

開催日:2018.03.17
会場:セレモニア平安会館たま、セレモニア平安会館あさお、川崎清風霊園
共催:株式会社エリアブレイン、株式会社セレモニア、株式会社太平洋福祉

「お気軽にご来場ください」と言われても、なかなか敷居が高いのがセレモニーホールや霊園の見学。今回はその敷居も低くなるエンディングセミナーと現地見学会を一つにしたバスツアーを企画しました。当初の予想を上回るお申込みをいただき、キャンセル待ちが出るほど人気でした。
初めに訪れたのは「セレモニア平安会館たま」。こちらでは現代の葬儀事情のセミナーと、セレモニーホールの見学を実施。次に訪れた「セレモニア平安会館あさお」では、1日1組限定の家族葬専用セレモニーホールを見学しました。最後に訪れた「川崎清風霊園」では、田舎にあるお墓を移設する改葬についての詳しいセミナーを開いた後、同園の見学をしながら現在のお墓のあり方を紹介しました。
参加者の皆様にはご満足いただけたようで、「気軽に参加できて、一人ではなかなか分からないことも教えてもらえて良かった」「施設があるのは知っていたけれど、見学ができて良かった」などの感想をいただきました。
弊社は他業種とのコラボレーションによる面白い企画をご提案しております。ご興味のある企業様はお気軽にお問い合わせください。

「セレモニア平安会館たま」にて行った現代の葬儀事情のセミナー

「セレモニア平安会館あさお」の家族葬用ホールを見学

最後に「川崎清風霊園」を見学


《弊社共催》「MYTOWN×サンシティ神奈川 有料老人ホームバスツアー」を開催しました

開催日:2018.03.09
会場:自立型介護付有料老人ホーム「サンシティ神奈川」(秦野市)

サンシティ神奈川様と1年ぶりの内覧バスツアーを開催しました。前日夜は大雨でしたが、開催日当日は回復。日中は暖かさを感じました。参加者15名を乗せ、会場の秦野市へ。参加者の皆様からは、「老人ホームとはいっても、自立型だとホテルのようですね。来てみて良かった」「秦野市と聞いて遠いと思っていたが、アクセスも良く新百合ヶ丘から近いと感じた」などの感想をいただきました。映像やパンフレット資料だけでは分からない、建物の雰囲気や生活をしている方々の様子を知ることができる当バスツアーの良さを感じていただけたようです。
子世代に迷惑をかけないよう、積極的に見学をする人の多いエリアです。ご興味のある老人ホームご関係者様は、お気軽にエリアブレインまでお問い合わせください。

外観

ダイニング

エントランス


《弊社企画協力》商店会イベント「新ゆりまち歩き」が開催されました

開催日:2018.03.07
共催:麻生商店街連合会、新百合ヶ丘商店会、新ゆりグリーンプラザ商店会
企画協力:株式会社エリアブレイン

新百合ヶ丘にキャンパスのある「昭和音楽大学」と「日本映画大学」にご協力いただき、新百合ヶ丘の面白さを知ってもらう大人の社会見学イベント「新ゆりまち歩き」の企画協力を行いました。昨年実施時に大変ご好評をいただいたこの企画、今回も多数の参加申込みがありました。「昭和音楽大学テアトロ・ジーリオ・ショウワ」では、劇場管理責任者が施設について紹介し、馬蹄型劇場の利点などを解説しました。「裏側は普段は絶対見られないし、ステージから見た客席は圧巻」とご参加者。日本映画大学では、川崎市市政ニュースを特別編集した映画の鑑賞や、映画撮影所と同等レベルの「日本映画大学 今村昌平記念スタジオ」の見学もあり、「どうして映像づくりにスタジオが必要なのかが分かりました」と解説に大満足の様子。商店会加盟店でのランチ、コーヒータイムもあり、参加者の皆様も大満足の企画となりました。
商店会関係者の皆様、まち歩きイベントにご興味がございましたら、お気軽に当社へお問い合わせください。

昭和音楽大学テアトロ・ジーリオ・ショウワの舞台に立ち、客席側を見るご参加者

日本映画大学では、今村昌平記念スタジオも見学

最後は新ゆりグリーンプラザにあるメゾン・ポンポワへ


《求人情報》弊社では現在、正社員(営業職)を募集しています(編集職の応募受付は締め切りました)

詳細は採用情報のページをご覧ください。


《弊社共催》しんゆりジャズスクエアvol.32「BOSSA NOVA de ぬくもりを。」を開催しました

開催日:2018.01.26
会場:川崎市アートセンター アルテリオ小劇場
出演:Karen(ヴォーカル)、酒井 麻生代(フルート)、田辺 充邦(ギター)、佐瀬 正(ベース)、廣瀬 みちる(ピアノ)
主催:川崎市アートセンター
共催:株式会社エリアブレイン、株式会社プレルーディオ

雪が残る氷点下の寒い夜に、150名を超えるお客様を迎えて、ホールの中はブラジルの暖かい風が吹きました。
天性のソフトボイスの持ち主Karenさんをセンターに、フルートの 酒井麻生代、お馴染みのギター田辺充邦さん、ベース佐瀬正さん、ピアノ廣瀬 みちるさん。アントニオ・カルロス・ジョビンの曲を中心に名曲ばかりを揃えました。
ファーストセットは、「Olho pro céu (Look to the sky)、」「ワンノート・サンバ」、「デサフィナード」、「サマー・サンバ」、「カーニバルの朝」、「おいしい水」の6曲。セカンドセットは「Vera cruz」、「イパネマの娘」、「想いあふれて」、「コルコバードの丘」、「ウェイヴ」の5曲に、アンコールは「マシュケナダ」。ふんわりとした海のそよ風のような情緒あるボサノヴァをたっぷり堪能できるコンサートとなりました。
次回のしんゆりジャズスクエアvol.32は、男女のダブル・ボーカルで、ディズニーの曲を楽しんでいただきます。2018年3月23日(金)19:00開演「親子で楽しめるジャズライブ 第3弾!」。全席自由で一般チケットは3,500円、子ども(4歳〜小学生)は1,500円。お得なセット券もございます。詳細はMYTOWNのWEBサイトをご覧ください。